English version


大石 岳史
博士(学際情報学)
准教授

東京大学生産技術研究所 次世代モビリティ研究センター
(東京大学大学院情報学環・学際情報学府 兼担)
(東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻 兼担)

〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学生産技術研究所
e-mail :


履歴

  • 2011.12- 東京大学生産技術研究所 先進モビリティ研究センター 准教授
  • 2007.8 東京大学大学院情報学環 特任講師
  • 2006.4 東京大学生産技術研究所 特任助教
  • 2005.4 東京大学生産技術研究所 特任助手
  • 2005.3 東京大学大学院学際情報学府学際情報学専攻博士課程 修了
  • 2002.3 東京大学大学院学際情報学府学際情報学専攻修士課程 修了
  • 1999.3 慶應義塾大学理工学部電気工学科 卒業

  • 実物体の形状モデリング、複合現実感の研究に従事

所属学会

受賞

  • 優秀研究発表賞, 第149回グラフィクスとCAD研究発表会 (2012.12)
  • Best Paper Award, ITS Vienna 2012 (2012.10)
  • The Best Paper Award, OTCBVS'08 (2008.6)
  • Paper Award in the category Heritage, VSMM2005 (2005.10)
  • Best Paper Award, VSMM2004 (2004.11)
  • Best Overall Paper,VSMM2000 (2000.10)

発表文献

    論文誌

    国際会議

    著書・解説記事など


    • 池内克史, 大石岳史 (編著), 3次元デジタルアーカイブ, 東京大学出版会, 2010.11.

    • 大石岳史, "実世界モデリング技術," バーチャルリアリティ学, (監修)舘 佐藤誠 廣瀬通孝, (編)日本バーチャルリアリティ学会, 工業調査会 pp-152-156, 2010.1.

    • 大石岳史, 池内克史, "実世界の仮想化,仮想世界の現実感表現," コンクリート工学, Vol. 50, No. 9, pp. 863-869,2012.09.01.

    • 小野晋太郎, 川上玲, 大石岳史, 池内克史, "文化財の3次元モデリングとその利活用~ソンマ・ポンペイ遺跡での活動を通して~," 映像情報メディア学会誌, pp. 766-769, 2010.6.

    • 大石岳史, 角田哲也, "AR技術による遺跡復元プロジェクト「バーチャル飛鳥京」," ARのすべて, pp. 111-126, (編)日経コミュニケーション, 2009.6.

    • 大石岳史, 角田哲也, 池内克史, "五輪招致プレゼン用MRシステムの開発," 日本バーチャルリアリティ学会誌, Vol. 14, No. 2, 2009.6.

    • 佐川立昌, 大石岳史, 阪野貴彦, 池内克史, "大型有形文化財モデル化の実際," 映像情報メディア学会誌, Vol. 61, No. 11, pp. 21-24, 2007.11.

    • 大石岳史, 加茂竜一, 高瀬裕, "文化遺産への応用," 3次元映像ハンドブック, (編)尾上守夫, 池内克史, 羽倉弘之, 朝倉書店, 2006. ISBN4254201214.

    • 池内克史, 大石岳史, "天平時代・奈良東大寺のデジタル復元," 測量, 56(5), pp. 44-47, 2006年5月.

    • 池内克史, 大石岳史, 高松淳, 増田智仁, 鎌倉真音, "文化遺産のデジタルデータの保存・分析・活用とそれを支えるデジタル化技術," Science Journal KAGAKU 科学 (岩波書店), 76(2), pp. 167-173, 2006年2月.

    • 池内克史, 高松淳, 大石岳史, "実物体のデジタル化技術が切り開く新たな学問分野 -デジタル形態学からデジタル歴史学まで-," 家禽資源研究会報, 5, pp. 4-12, 2006年2月.

    • 池内克史, 大石岳史, 高松淳, "大規模文化遺産のデジタルアーカイブ化技術," O plus E (新技術コミュニケーションズ), Vol. 27, No. 10, pp. 1128-1133, 2005年10月.


リンク

プロジェクトホームページ